12

77.8MHz FMラジオ局 エフエムジャガ

帯広から全国、全世界に発信!77.8MHz FM-JAGA

サイトマップ
  1. HOME
  2. DJ-INDEX
  3. 高木公平
  4. オオワシ・オジロワシと人間 

DJ INDEXDJインデックス

オオワシ・オジロワシと人間 

十勝の自然

高木公平

この記事の投稿者高木公平

  • 1864
オオワシ・オジロワシと人間 

番組 KACHITTO(月-木 7:00~9:00)のコーナー「十勝の自然」(7:35~)は、日本野鳥の会十勝支部副支部長、「北海道の動物たち 人と野生の距離」著者の千嶋淳(ちしま じゅん)さんにご協力頂き、十勝の自然と人を繋ぐストーリーについて教えて頂いています。


オオワシ・オジロワシと人間について。
文章と写真は千嶋淳さんです。


古くはオホーツク文化や擦文文化の時代から、オオワシ、オジロワシの羽は北海道の重要な交易品でした。特に武家社会では尾羽が矢羽根として重宝され、江戸時代にはラッコの毛皮などとともに松前藩から将軍家へと献上されました。美術品としての価値も持つ尾羽を中心に、ワシを狙った密猟は、比較的最近まで行われていたようです。


国の天然記念物や国内希少野生動植物種として法律で保護される現在では、狩猟による捕獲はほぼなくなりましたが、ワシたちは現代社会特有の新たな脅威に直面しています。


その一つが鉛中毒。1990年代、爆発的な個体数増加にともなう農林業被害を受けてエゾシカの狩猟・有害獣駆除が活発化します。撃たれたシカの多くは残滓(ざんし)として山中に放置され、それを冬の餌としたのがワシでした。その際、体内に残っていた鉛弾の破片を一緒に食べ、貧血や神経症状による運動能力の低下などから餌が捕れなくなって、最終的に衰弱死するのが鉛中毒です。1997年に最初に発見されて以降の10年間で、100羽を超えるワシが犠牲となりました。道は鉛弾使用の規制や禁止でこれに対応し、2013年には所持も禁止しましたが、残念ながら鉛中毒は発生し続けています。


もう一つは風力発電用風車への衝突です。「エコでクリーンな」エネルギーとしての風力発電が近年、一種の流行のようになり、道内の海岸線を走っていて巨大なプロペラを見ない方が珍しいくらいです。風車の回転羽根であるブレードへ野鳥が衝突する事故が各地で起きていて、特にオジロワシはこれまでに30羽以上が命を落としました。衝突を避けるための実験、衝突リスクの高い場所の地図作りなどが行われているものの、原発事故以降のクリーンエネルギーへの期待を追い風として風車は着実に増えています。


どちらも一朝一夕には解決できない問題ですが、まずは現状をしっかり認識し、皆で知恵を出し合って人間にもワシにも明るい未来を切り拓いてゆきたいですね。


鳥の見方やマナー
http://www6.ocn.ne.jp/~wbsj-tk/manner.html


千嶋淳さんのブログはこちら。
http://blog.goo.ne.jp/torikichi14

このページをシェアして友達に教えよう!
https://jaga.fm/dj_detail.php?id=6390

----------

INFORMATIONお知らせ・プレゼント

----------

PICKUP TOPICSオススメピックアップ!

JAGA.FMホーム