16

77.8MHz FMラジオ局 エフエムジャガ

帯広から全国、全世界に発信!77.8MHz FM-JAGA

サイトマップ
  1. HOME
  2. DJ-INDEX
  3. 高木公平
  4. とかち・市民「環境交流会」20…

DJ INDEXDJインデックス

とかち・市民「環境交流会」2015 11月21日(土)開催

十勝の自然

高木公平

この記事の投稿者高木公平

  • 1786
とかち・市民「環境交流会」2015 11月21日(土)開催

番組 KACHITTO(月-木 7:00~9:00)のコーナー「十勝の自然」(7:35~)は、日本野鳥の会十勝支部副支部長、「北海道の動物たち 人と野生の距離」著者の千嶋淳(ちしま じゅん)さんにご協力頂き、十勝の自然と人を繋ぐストーリーについて教えて頂いています。


とかち・市民「環境交流会」2015のお知らせ。
文章と写真は千嶋淳さんです。


次の土曜日の11月21日、帯広市の十勝プラザでとかち・市民「環境交流会」2015が開かれます。「環境」というキーワードのもとに、子供たち、市民、企業、行政などが集まる場で、各団体の取り組み紹介や、省エネ機器・エコカーの展示と試乗など内容盛りだくさんのイベントです。私たちNPO法人日本野鳥の会十勝支部も出展し、日ごろの活動や十勝の鳥の紹介、グッズ販売などさせていただく予定です。時間は10時から16時で入場無料、他に団体や企業の出展も多数ありますので、十勝プラザまで足を運んでいただければ幸いです。


当日の展示物の一つに野鳥標本があります。標本を展示していると、「かわいそう…」という声も時折聞かれますが、私たちが所蔵する標本は狩猟などで捕まえたものではなく、交通事故や建物へぶつかって命を落としてしまった鳥たちです。標本は作成や、その後の保管に手間がかかるため、近年、一部の施設では木彫りの模型(バードカービング)が代役を務めつつありますが、「本物」の持つ魅力には叶いません。多様なくちばしや足、光の当たり方で色が変わる羽毛の構造と質感、羽ばたいても音が出ず、狩りに適したフクロウ類の翼などは、やはり実物を手に取り、間近で眺めることでしか実感できませんし、そこから自然界の妙や多様性への畏敬の念も育まれると思います。


標本はイベント、学校授業など教育・普及の場で活躍すると同時に、学術的な価値も持ちます。たった1羽の鳥からでも、観察だけではわからない多くの情報を引き出せます。体の各部分の長さや重さ、羽の生え変わりのパターン、性別・年齢といった基本的な情報はもちろん、胃の内容物からは食べていたものがわかり、筋肉中のDNAは進化や系統を教えてくれます。そうした地道な情報の積み重ねが、生き物を理解し、保全するためには必要なのです。


ぜひ会場で標本を手に取りながら、鳥の持つ多様性と美しさを感じて下さい。21日、十勝プラザにてお待ちしております。


鳥の見方やマナー
http://www6.ocn.ne.jp/~wbsj-tk/manner.html


千嶋淳さんのブログはこちら。
http://blog.goo.ne.jp/torikichi14

このページをシェアして友達に教えよう!
https://jaga.fm/dj_detail.php?id=6341

----------

INFORMATIONお知らせ・プレゼント

----------

PICKUP TOPICSオススメピックアップ!

JAGA.FMホーム