17

77.8MHz FMラジオ局 エフエムジャガ

帯広から全国、全世界に発信!77.8MHz FM-JAGA

サイトマップ
  1. HOME
  2. DJ-INDEX
  3. 湖西しーた
  4. 喋れども喋れども我が語調賢くな…

DJ INDEXDJインデックス

喋れども喋れども我が語調賢くならざり

つれづれ日本語

湖西しーた

この記事の投稿者湖西しーた

  • 146

ぢっと手を見る…あっ ささくれ…
湖西しーたです。ブォンジョルノ。

日本語・英語・ドイツ語をぼちぼち勉強しています。
その合間に、歌手の井上ジョーさんという方のyoutube動画をよく観るようになりました。
今日は彼の影響を多大に受けつつのブログを書かせていただきます。

井上ジョーさんはアメリカ生まれアメリカ育ちの日本人で、英語と日本語、他にもポルトガル語や北京語などが話せるポリグロット(多言語話者)です。ゴイスーです。
ほぼ毎日、文化の違いや言語の特徴などをユーモアたっぷりに更新してくれているので非常に勉強になっています。もちろん歌もとってもお上手です。何者なんだ…。
(個人的なオススメは日本とアメリカのCAさんの違いモノマネ)

でもってですね、彼曰く 日本語は最も(使いこなすには)難しい言語なんだそうです。
発音が特殊なわけではないし意思疎通だけならそこまで難易度が高いとは私も思いませんが、日本語の難しさは「自由度の範囲」にあるのではないでしょうか。
日本語ネイティブである私たちは普段あまり意識して喋っていませんが、語学として捉えてみるとこれがどうにも…特に説明しようとすると本当にむつかしく……!
そして、そこが一等魅力的な部分なんだとも思います。

勉強すればするほど日本語の壁に改めてぶち当たっていますが、今日はその魅力をかけらほどでもお伝えできれば幸いです。

たとえば「私はこのパンを食べました。」という文章!
英語だったら(他の言い方も多少はありましょうが、)
I ate this bread.ですね。

これを日本語で表してみましょう。
もちろん教科書的に表せば「私はこのパンを食べました。」のままですが、次の文章ならどうでしょうか。
「俺はこのパン食ったよ。」
「わたくしがこのパンをいただきましたの。」
「あたいがこのパン食べたんだぁ。」
これらの文章はI ate this bread.と決定的な違いがあります。
英訳すれば全てI ate this bread.なんです。
ところが私たちはこれらの文章から パンを食べたその人の性別や人柄を想起することができるんです。

これってとても素敵な要素だと思うんですよ!
英語なら「I」、ドイツ語なら「Ich」であるこの一人称が!
日本語では「私」「俺」「僕」「おいどん」…めっちゃいっぱいある!!
語尾もいっぱいある!!!
そこに一言置くだけで、他に説明がなくてもある程度その人物がどんな人なのかわかるという…

すみません、書きながらちょっと興奮してしまいました。
ぶふー、ぶふー(鼻息)

それでもって、喋り方やよく使う語彙からその人の喋るリズムとか言葉の流れ方ができていきますね。
語気からじゃなく、文章自体で個性を出せる とても芸術的な言語だと思うんです。ぶふー!

でもこういう部分が便利でもあり、勉強する側にとっては非常に面倒な箇所でもあるわけなんですね。
同意異音語がめちゃめちゃ多いし…。
最近になって話した外国の方からもこのへんがややこしくて辛い…と言われました。

せっかくの母国語なので大事にしたいです。
思いのほか真面目な記事になってしまいました!!
それではまた!チャオ!!

このページをシェアして友達に教えよう!
http://jaga.fm/dj_detail.php?id=9541

----------

INFORMATIONお知らせ・プレゼント

----------

PICKUP TOPICSオススメピックアップ!

JAGA.FMホーム