14

77.8MHz FMラジオ局 エフエムジャガ

帯広から全国、全世界に発信!77.8MHz FM-JAGA

サイトマップ
  1. HOME
  2. DJ-INDEX
  3. 高木公平
  4. キクイタダキ(菊頂) 体重5g

DJ INDEXDJインデックス

キクイタダキ(菊頂) 体重5g

十勝の自然

高木公平

この記事の投稿者高木公平

  • 2038
キクイタダキ(菊頂) 体重5g

番組 KACHITTO(月-木 7:00~9:00)のコーナー「十勝の自然」(7:35~)は、日本野鳥の会十勝支部副支部長、「北海道の動物たち 人と野生の距離」著者の千嶋淳(ちしま じゅん)さんにご協力頂き、十勝の自然と人を繋ぐストーリーについて教えて頂いています。


キクイタダキについて。
文章と写真は千嶋淳さんです。


鳥と一概に言ってもその大きさは様々です。飛べないダチョウの体重が150kg以上あるのはわかるとして、大空を舞い、長距離の渡りをするハクチョウやアホウドリの仲間でも10kgを超えるものがいます。10kgといえば大きな米袋ですが、米袋が何千kmも飛んでいるかと思うと、驚きを禁じえません。


それでは逆に、小さな鳥はどのくらい小さいのでしょう?日本で身近に見られる中で、もっとも小さなものの一つがキクイタダキです。スズメの体重がおよそ20g前後、一方、このキクイタダキは5g前後ですからいかに小さいかおわかりいただけるでしょう。1円玉1枚が約1gなので、1円玉5枚分の重さといえば、その軽さが実感できると思います。しかも、驚くべきはそんな小さな鳥が冬になっても南へ渡らず、-20℃、30℃の厳冬の森で力強く生きていることです。


ところで、「キクイタダキ」という名前。鳥を知らない人はこれだけ聞いても何のコトかさっぱりわからないでしょう。漢字で花の「菊」にテッペンを意味する「頂」と書いてキクイタダキ。全身黄緑色の体の中で、頭頂部の黄色がまるで菊を頂いたように見えるためです。英名は「ゴールドクレスト」。クレストとは鳥の頭にある冠状の羽のことで、こちらも頭頂部に因んだ名前です。学名は「レグルス・レグルス」。ラテン語で「王子」を意味し、やはり頭頂部の羽が冠のようなことから来た名前です。


ただ、室町時代より前には「まつむしり」あるいは「まつむし」と呼ばれていたそうです。この鳥はマツやスギといった針葉樹の枝先で小さな虫を食べるので、習性を的確に反映した名前といえます。もっとも「まつむし」は虫みたいで、ちょっといただけませんネ。


本州では標高1500mクラスの亜高山帯まで行かないとお目にかかれない鳥ですが、帯広周辺では農業高校や帯広の森で比較的簡単に見ることができます。


鳥の見方やマナー
http://www6.ocn.ne.jp/~wbsj-tk/manner.html


千嶋淳さんのブログはこちら。
http://blog.goo.ne.jp/torikichi14

このページをシェアして友達に教えよう!
http://jaga.fm/dj_detail.php?id=6693

----------

INFORMATIONお知らせ・プレゼント

----------

PICKUP TOPICSオススメピックアップ!

JAGA.FMホーム