4

77.8MHz FMラジオ局 エフエムジャガ

帯広から全国、全世界に発信!77.8MHz FM-JAGA

サイトマップ
  1. HOME
  2. DJ-INDEX
  3. 高木公平
  4. ヤマセミ -白と黒の鹿の子模様…

DJ INDEXDJインデックス

ヤマセミ -白と黒の鹿の子模様-

十勝の自然

高木公平

この記事の投稿者高木公平

  • 1172
ヤマセミ -白と黒の鹿の子模様-

番組 KACHITTO(月-木 7:00~9:00)のコーナー「十勝の自然」(7:35~)は、日本野鳥の会十勝支部副支部長、「北海道の動物たち 人と野生の距離」著者の千嶋淳(ちしま じゅん)さんにご協力頂き、十勝の自然と人を繋ぐストーリーについて教えて頂いています。


ヤマセミについて。
文章と写真は千嶋淳さんです。


ヤマセミという鳥をご存知ですか?コバルトブルーの背やオレンジ色の腹が鮮やかなカワセミに比べると知名度は低いと思いますが、鳥を見る人の間では人気の高い種です。日本最大のカワセミ類で、カワセミがスズメサイズなのに対し、こちらはハトほどの大きさがあります。白いお腹以外、全身が白と黒の鹿の子模様で、「カノコショウビン」と呼ばれた時代もあります。「ショウビン」とはカワセミ類の異名です。


魅力の一つに頭に冠状の羽毛がそびえ立っていることもあり、「耳を持った神」を意味するアイヌ語名「キサラウシ・カムイ」は、これに因んだものでしょう。派手な色彩こそ無いものの美しい鳥で、特に雪景色の中で美しさが際立ちます。


山地の渓流に生息し、お気に入りの止まり木に止まって、あるいは空中の一点で羽ばたきながら餌の魚を探し、見付けると勢いよく水中に飛び込み、長く尖った嘴で捕まえます。


ものすごく珍しい鳥ではないものの、なかなか見ることができません。理由の一つは川という「線」を生活の場としているため行動範囲が広く、つがいは3~7kmもの広い、というか「長い」なわばりを持ちます。お気に入りの場所で一日待っても姿を現さないこともしばしば。そして警戒心が強く、人の気配を感じるとすぐ飛び去ってしまうのも出会いを難しくしています。


今週末の14日(日)、日本野鳥の会十勝支部では初の試み「ヤマセミ観察会」を行います。午前9時に浦幌道の駅に集合し、東部十勝の山中でヤマセミを探します。先にお話したように、出会いづらい鳥なので見られるかどうかは運次第ですが、カワガラス、セグロセキレイなど渓流の鳥も観察できるでしょう。申し込みは不要で、不明な点などあれば千嶋淳(090-4871-9480)まで問い合わせ下さい。参加費は無料ですが車に分乗した場合、ドライバーに500円の燃料費をお願いいたします。


鳥の見方やマナー
http://www6.ocn.ne.jp/~wbsj-tk/manner.html


千嶋淳さんのブログはこちら。
http://blog.goo.ne.jp/torikichi14

このページをシェアして友達に教えよう!
http://jaga.fm/dj_detail.php?id=6668

----------

INFORMATIONお知らせ・プレゼント

----------

PICKUP TOPICSオススメピックアップ!

JAGA.FMホーム