14

77.8MHz FMラジオ局 エフエムジャガ

帯広から全国、全世界に発信!77.8MHz FM-JAGA

サイトマップ
  1. HOME
  2. DJ-INDEX
  3. 高木公平
  4. キレンジャク この冬、渡来の多…

DJ INDEXDJインデックス

キレンジャク この冬、渡来の多い鳥

十勝の自然

高木公平

この記事の投稿者高木公平

  • 1352
キレンジャク この冬、渡来の多い鳥

番組 KACHITTO(月-木 7:00~9:00)のコーナー「十勝の自然」(7:35~)は、日本野鳥の会十勝支部副支部長、「北海道の動物たち 人と野生の距離」著者の千嶋淳(ちしま じゅん)さんにご協力頂き、十勝の自然と人を繋ぐストーリーについて教えて頂いています。


キレンジャクについて。
文章と写真は千嶋淳さんです。


日本より北の北極圏などで繁殖する鳥は、年によって渡来状況がまったく変わります。例えば、北極圏やカムチャツカで繁殖するベニヒワという頭やお腹の赤い小鳥は5年から10年に一度、大挙して渡って来てありとあらゆる場所に群がっている年があるかと思えば、いくら探してもまったく見られない年もあります。そのメカニズムは十分解明されていませんが、繁殖地の近くに餌が残っていればあまり南下しない、あるいは夏に餌がたくさんあって子どもをたくさん出せた年には南の方まで渡って来るのだといわれています。


この冬に多い鳥の一つにキレンジャクがあって、年末ころから帯広市街地などでも観察されています。レンジャクとは漢字で連なる雀と書き、文字通り何十羽、時に何百羽もの群れが鈴なりになるのが特徴です。実際にはスズメよりは大きく、ムクドリより少し小さいくらいです。遠目には茶色っぽい地味な鳥ですが、近くで見ると頭に冠のような羽があったり、尾羽の先が鮮やかな黄色だったりと美しい鳥です。鈴のような「チリリリ…」という声も魅力的です。


彼らを最も観察しやすいのは、ナナカマドの街路樹です。冬で餌が乏しいためか、木の実を食べるのに夢中で、人間が真下で見ていてもほとんど逃げません。そして、その実に夢中になっているツグミ、ヒヨドリ、シメ、カワラヒワなど様々な小鳥も信じられないくらい間近で観察できます。ナナカマドの実の成りはなぜか、場所によって全然違いますので、実の成りの良い場所を探して観察してみましょう。今年は明星通や札内橋の札内側が良いようです。


日本に渡来するレンジャクには、キレンジャクと尾の先が赤いヒレンジャクの2種がいます。北海道で見られるのはほとんどキレンジャクなのですが、本州以南では大部分がヒレンジャクです。どちらもロシア極東など大陸で繁殖するのですが、渡りのコースが違うのか、何とも不思議なものです。


鳥の見方やマナー
http://www6.ocn.ne.jp/~wbsj-tk/manner.html


千嶋淳さんのブログはこちら。
http://blog.goo.ne.jp/torikichi14

このページをシェアして友達に教えよう!
http://jaga.fm/dj_detail.php?id=6663

----------

INFORMATIONお知らせ・プレゼント

----------

PICKUP TOPICSオススメピックアップ!

JAGA.FMホーム